FC2ブログ

百均ラップにご用心

消費者の視点
02 /22 2019
初めて百均でラップ(食品包装用ラップフィルム)を買ってみました。

結論から言うと、大手メーカーのラップに比べると相当薄く、品質的に相当劣るのは当然ですが、それに加えて有害事象も加わる印象をうけました。

ラップで包装した食品を、少し長めにレンジでチンして熱くなりすぎると、ラップが融けてしまいます。

冷凍したおにぎりをチンした際、ラップが融けて、おにぎりがレンジの床に直に乗っかっている状態になってしまいました。

それだけなら、レンジの床が汚れるだけですが、気がかりなのは、融けたラップの成分が食品に付着したのではないかということです。

その成分が、百歩譲って人体に無害だとしても、あまり気持ちのいいものではありません。

パッケージを確認したら中国製でした。

中国製でなくとも、あれだけ薄いラップになると融けるのかもしれませんが、やはり中国製=粗悪・危険という固定観念はぬぐえません。

日本の企業が品質管理はしているでしょうが、マクドナルド用のチキンの処理で床に落ちたものをそのまま使ったり、五つ星ホテルの従業員が浴槽を洗った雑巾でコップを拭くような国ですから、信用はできません。

少なくとも、食品そのものおよび食品に付随する製品に関しては、国民の健康を守るという意味では、国策として中国産を排除すべきだというのが私見です。



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今晩は。
百均のラップって、やはりそうなのですね。
私も試しに買っていようと思っていましたが、教えていただいて良かったです。

コメントありがとうございます

いつも訪問していただきありがとうございます。

融けてしまうラップには驚きました。

感覚的に薄いと感じるラップ使った食品は、温めすぎない方がいいようです。

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。