FC2ブログ

宝登山神社、秩父神社訪問

神社仏閣
11 /29 2018
昨日の記事で触れました長瀞渓谷へ行った後、宝登山神社および秩父神社を訪問しました。

やはり平日の午後のため、参拝者は数えるほどでした。

どちらも無料の駐車場がありました。

宝登山神社の場合、神社前の駐車場に行く途中の参道沿いに有料駐車場がありますので、間違って有料に入らないよう、突き当たりまで行く必要があります。

【宝登山神社】
・祭神
神日本磐余彦尊 (かんやまといわれひこのみこと):神武天皇
大山祗神 (おおやまづみのかみ):山を司る神
火産霊神 (ほむすびのかみ):火を司る神

・創立
110年

・現在の社殿は、1847〜1874に造り替えられ、本殿・弊殿・拝殿よりなる権現造り。

宝登山神社ホームページ
http://www.hodosan-jinja.or.jp/gaiyou/


【秩父神社】
・祭神
八意思兼命 (やごころおもいかねのみこと):政治・学問・工業・開運の祖神。
知知夫彦命 (ちちぶひこのみこと) :八意思兼命の十世孫で、初代知々夫国造。秩父地方開拓の祖神。
天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ) : 鎌倉時代に合祀。
秩父宮雍仁親王 :昭和天皇の弟。昭和28年に合祀。

・創立
『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされている。

・秩父地方の総鎮守。三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。

・社殿は徳川家康による造営で、本殿・幣殿・拝殿が1つにまとめられた権現造の形式。

・社殿の彫刻のうち、「子宝 子育ての虎」と「つなぎの龍」は左甚五郎作と言われている。

秩父神社ホームページ
http://www.chichibu-jinja.or.jp/


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。