FC2ブログ

長瀞渓谷訪問

徒然
11 /28 2018
埼玉県秩父郡長瀞町にある長瀞渓谷を訪れました。

平日の午後2時頃でしたので、人出はそれほど多くなく、ゆっくり散策できました。

月の石もみじ公園のライトアップは11月25日に終了し、紅葉のピークは過ぎていますが、それでもまだ見頃の時期と言ってもいい状況でした。

荒れた天候がなければ、あと一週間程度は紅葉が楽しめると思います。

紅葉は月の石もみじ公園、そして本来の長瀞渓谷の景観は月の石もみじ公園から岩畳までの間で楽しむことができます。

荒川の清流と両岸壁の地層が見どころですが、それを見る価値があると考えるかどうかは、差が出てくる景観です。

近隣に大小の駐車場があり、駐車料の相場は500円です。ネットで検索すると、300円、200円のところもあるようです。

平日だったので、待つことなく駐車場に停めることができましたが、日曜・祝日は時間によっては待つ必要があるかもしれません。

都心からは、車で2時間半程度かかるとみておいたほうがいいと思います。


長瀞町観光協会公式サイト
https://www.nagatoro.gr.jp/

参考サイト
旅に行き隊:http://www.tabi2ikitai.com/japan/j1137a/a01002.html


長瀞渓谷
埼玉県北西部、秩父郡長瀞町にある荒川中流の渓谷。
1878年地質学者ナウマン博士の調査によって再発見される。
三波川変成岩と呼ばれる長瀞系結晶片岩が浸食により露出してできた渓谷。
左岸には岩石段丘、右岸には秩父赤壁と呼ばれる断層崖が発達する。
石畳とも呼ばれる段丘面には広域変成作用による石墨片岩、緑泥片岩、紅レン片岩などがみられる。
河床には甌穴、白鳥島には横臥褶曲がある。
断層、褶曲、節理、片理など、地殻内部の様子を観察できることから、「地球の窓」と呼ばれる。
埼玉県立自然の博物館前には「日本地質学発祥の地」の石碑がある。


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。