FC2ブログ

仏像学習 52.国宝仏像各論19 盧舎那仏坐像(唐招提寺金堂)

仏像
11 /30 2018
仏像学習 52.国宝仏像各論19 盧舎那仏坐像(唐招提寺金堂)

所在:唐招提寺 金堂

指定:1951年

制作年:8世紀後半

制作法:脱活乾漆造り 漆箔

像高:304.5cm   

像容:
・右手の親指と中指を稔じ、掌を前に向けた説法相。左手は掌を上に向ける。

・髪際が波形をなす。

・眉尻、目尻が水平に平行にひかれる。

・眼球のふくらみが強い。

・光背は二重円を中心に864の化仏が付けられている。もとは千仏あったと言われている。

備考
・唐招提寺で学んでいた戒律の中心的な経典は『梵網経』で、盧舎那仏の蓮華台蔵世界を説く。その世界は、盧舎那仏が坐す千葉の蓮華には一葉ごとに釈迦が在し、その釈迦のもとにさらに百億の釈迦が存在すると説かれる。

唐招提寺ホームページ
http://www.toshodaiji.jp/about_kondoh.html

参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝006 1997年


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。