FC2ブログ

漱石・読んだふり 『坊っちゃん』 三

漱石
05 /28 2020
漱石・読んだふり 『坊っちゃん』 三


登場人物(登場順)
・坊っちゃん

・山嵐

・宿の亭主

・学校の生徒



ストーリー
・教師の仕事が始まる

・2時間目に生徒から「あまり早くて分からんけれ、もちっと、ゆるゆる遣って、おくれんかな、もし」と言われる
 
・2時間目が終わった時、生徒ができそうもない幾何の問題を質問してきたので、「何だかわからない、この次教えてやる」と返事をしたら、生徒がわあと囃す

・1日目の仕事が終わり帰る際、山嵐に3時まで拘束されることに不満を言うと、「君あまり学校の不平を云うと、いかんぜ。云うなら僕だけに話せ、随分妙な人も居るからな」と言われる

・下宿に帰ると、宿の亭主から書画骨董の勧誘をされ、断る

・一週間規則通り働く

・宿の亭主の骨董(印材、華山の掛物、端渓)勧誘が続く

・ある日の晩、蕎麦屋で天麩羅蕎麦を四杯食べる。蕎麦屋には学校の生徒が三人いた。

・翌日教室にいくごとに、天麩羅蕎麦を冷やかす内容が黒板に書いてある

・四日後、団子屋で団子を食べる

・翌日、黒板に「団子ニ皿七銭」と書いてある

・毎日温泉に持っていく「赤手拭」が生徒の評判になる

・毎日上等の温泉に入るのは贅沢だと生徒に言われる

・黒板に「湯の中で泳ぐべからず」と書いてある

・骨董責が続く



歴史的人物・事柄
・「華山には二人ある、一人は何とか華山で、一人は何とか華山ですが、この幅はその何とか華山の方だ」



語句・表現
・天目:茶の湯で使う、すり鉢形の抹茶茶碗。元は茶葉の産地だった天目山一帯の寺院で用いられた鉄釉をかけて焼かれた陶器茶碗のこと。



読みづらい漢字
・篦棒(べらぼう)

・捏(こ)ねる




重要と思われる文
・「おれは何事によらず長く心配しようと思っても心配が出来ない男だ。」

・「ほかの所は何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉だけは立派なものだ。」



参考図書
『漱石全集』第三巻 岩波書店 1978年
『漱石大全』Kindle版 第3版 古典教養文庫
『カラー版新国語便覧』 第一学習者 1990年
『漱石とその時代』1~3 江藤淳 著 新潮選書
『決定版 夏目漱石』 江藤淳 著 新潮文庫
『夏目漱石を読む』 吉本隆明 著 ちくま文庫
『特講 漱石の美術世界』 古田亮 著 岩波現代全書


日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。