FC2ブログ

下の句50音順にたどる百人一首 No91 よに

百人一首
05 /26 2020
No.91(No62)
下の句
よに・あふさかのせきはゆるさじ
(よに逢坂の 関はゆるさじ)

上の句
よを・こめてとりのそらねははかるとも
(夜をこめて 鳥の空音は はかるとも)


意味
夜の明けないうちに鶏の鳴きまねをして函谷関を通れたとしても、あなたのうそでは逢坂の関は通しませんよ。


出典
『後拾遺集』巻16雑2・939
「大納言行成物語などし侍りけるに内の御物忌にこもればとて、いそぎ帰りてつとめて、鶏のこゑにもよほされてといひをこせて侍りければ、夜ふかかりける鶏のこゑは函谷関のことにやといひつかはしたりけるを、立ちかへりこれは逢坂の関に侍るとあれば、よみ侍りける」


作者
清少納言
生没年不詳 平安中期の歌人。
清原元輔の娘。
一条天皇の后中宮定子に出仕し、『枕草子』を著す。


備考
・「夜をこめて」は「まだ夜が明けないうちに」の意。

・「とり」は「鶏」のこと。

・「空音」は「鳴きまね」の意。

・原形は「鳥の空音に」となっている。

・「はかる」は「だます、いつわる」の意。

・三句までは『史記』孟嘗君の故事をふまえる。孟嘗君が秦に捕らえられ、脱出しようとして函谷関に来た時、食客の鶏の鳴きまねで門を開けさせ無事逃れることができた。

・「よに」は「決して、絶対に」の意。

・この歌に対して行成は「逢坂は人越えやすき関なれば鳥鳴かぬにもあけて待つとか」と返している。



参考書籍
『百人一首一夕話 上・下』 尾崎雅嘉著 岩波文庫
『ビジュアル版 日本の古典に親しむ② 百人一首』 大岡信著 世界文化社
『別冊太陽 百人一首への招待』 吉海直人監修 平凡社
『解説 百人一首』 橋本武著 ちくま学芸文庫
『改訂増補 古文解釈のため国文法入門』 松尾聰 著 2019年


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。