FC2ブログ

巡回健診診察マニュアル 45 時々出会う現病歴・既往歴 多発性嚢胞腎

医療
06 /20 2019
多発性嚢胞腎


1.概念
・両側の腎臓に嚢胞が無数に生じる、遺伝性疾患。

・常染色体優性多発性嚢胞腎(Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease:ADPKD)と常染色体劣性多発性嚢胞腎(Autosomal Recessive Polycystic Kidney Disease:ARPKD)とがある。

・患者数:約31,000人


2.原因
・ADPKDの原因遺伝子はPKD1、PKD2。各々蛋白としてPolycystin1(PC1)とPolycystin2(PC2)をコードする。ADPKD患者の約85%がPKD1の遺伝子変異が原因で、残り約15%ではPKD2遺伝子変異が原因。

.ARPKDの原因遺伝子はPKHD1で、Fibrocystin、Polyductinをコードしている。


3.症状
・肉眼的血尿(31%)、側腹部・背部痛(30%)、易疲労感(9%)、腹部腫瘤(8%)、発熱(7%)、浮腫(6%)、頭痛(5%)、嘔気(5%)、腹部膨満(4%)

・自覚症状はなく、家族歴や健診で見つかることも多い。


4.治療
・根治療法はない。

・進行を遅らせる治療として、バゾプレッシンV2受容体拮抗薬であるトルバプタンが2014年3月に保険適用となった。

・高血圧を合併することもある。降圧治療が腎機能に対して明らかな有効性は示されていないが、合併頻度の高い脳動脈瘤破裂など頭蓋内出血の危険因子を低下させることや心血管合併症の予防には有効と考えられている。


5.予後
・腎容積が増大する患者では、徐々に腎機能が低下していき、腎不全となり、透析療法が必要となる。60歳までに約50%の人が腎不全になる。

・脳動脈瘤によるくも膜下出血の危険性が高い(患者の10%)。



参考サイト
難病情報センター:http://www.nanbyou.or.jp/entry/78



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

各国個人的調査 オランダ王国

国情報
06 /19 2019
オランダ王国 ( 和蘭 阿蘭陀 和蘭陀 荷蘭 阿蘭 阿蘭佗 阿蘭陁 和蘭多 荷蘭陀 )


0.国名・国旗
国名
国名および通称はオランダ語でNederlandで、「低地の国」「低地地方」を意味する普通名詞に由来。
俗称のHollandは、スペインの支配に対して起こした八十年戦争で重要な役割を果たしたホラント州の名に由来。
英語の形容詞および名詞形のDutchは、元来ドイツ(Duitsch)を指し、支配から脱した17世紀以降オランダ(人、語)を意味するものに変わっていったことに由来。

国旗
比率 2:3 1937年制定

赤・白・青の横3分割旗。

スペインからの独立運動(80年戦争)に使われたウィレム1世のオレンジ・白・青の横3分割旗が基となる。
オレンジ色は変色しやすい、見つけづらいなどの理由で赤に変更された。

世界で最初の3分割旗と言われる。

赤:国民の勇気
白:信仰心
青:祖国への忠誠心
を表す。


1.面積
41,864㎢(九州とほぼ同じ)


2.人口・人口密度
1,718.4万人(2017年12月 オランダ中央統計局)

410人/㎢


3.首都
アムステルダム


4.言語
オランダ語


5.宗教
キリスト教(カトリック24.4%、プロテスタント15.8%)、イスラム教(4.9%)、ヒンズー教(0.6%)、仏教(0.5%)、無宗教・その他(53.8%)(2015年 オランダ中央統計局)


6.略史
58〜476:ローマ帝国
481〜950:フランク王国
962〜1648:神聖ローマ帝国
1568〜1648:80年戦争
1648:オランダ連邦共和国独立
1810:フランスにより併合
1815:オランダ王国独立
1940:ドイツによる占領
1945:オランダの解放



7.通貨
ユーロ


8.政治
立憲君主制

元首は国王。

議会:二院制


9.経済
主要産業:卸売・小売業、製造業(食品・飲料加工,化学・薬等)、医療・社会福祉業


10.世界遺産(10件)
文化遺産(9件)
・スホクランドとその周辺(1995)
水没の危機を乗り越えた広大な干拓地
http://whc.unesco.org/ja/list/739#top

・アムステルダムのディフェンスライン(1996)
敵の侵入を水で防いだ高度な軍事施設
http://whc.unesco.org/ja/list/759#top

・キンデルダイク-エルスハウトの風車群(1997)
国土を守り人々の生活を支えた風車群
http://whc.unesco.org/ja/list/818#top

・港町ウィレムスタット歴史地域、キュラソー島(1997)
カリブ海に浮かぶオランダの街
http://whc.unesco.org/ja/list/819#top

・D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場(1998)
水害から人々の暮らしを守った上記水揚げポンプ場
http://whc.unesco.org/ja/list/867#top

・ベームステル干拓地(1999)
オランダ最古の干拓地
http://whc.unesco.org/ja/list/899#top

・リートフェルト設計のシュレーテル邸(2000)
芸術運動「デ・スタイル」を体現する邸宅
http://whc.unesco.org/ja/list/965#top

・アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区(2010)
大規模都市計画のモデルとなった港湾都市
http://whc.unesco.org/ja/list/1349#top

・ファンネレ工場(2014)
モダニズムと機能主義文化の象徴的な工場
http://whc.unesco.org/ja/list/1441#top


自然遺産(1件)
・ワッデン海(2009、2014)
湖の干満が生み出す大規模な生態系メカニズム
http://whc.unesco.org/ja/list/1314#top


11.その他
・国土の1/4は海面下に位置する。

・夫も妻も、夫婦別姓も、同姓も、配偶者の姓の後に自己の姓を後置すること(複合性)も可能。



参考サイト
外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/netherlands/data.html#section1


参考書籍
『国旗・国歌の世界地図』21世紀研究会編 文春新書 2008年
『今がわかる時代がわかる 世界地図 2016年版』 成美堂出版
『世界遺産大事典』上・下 マイナビ出版 2016年
『なるほど知図帳世界 2017』 昭文社
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
06 /18 2019
『ざんねんないきもの事典』
今泉忠明 監修   高橋書店 2017年

・「この本では、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった生き物たちをご紹介します。」p3


・「この本に登場するのは、ものすごく不便そうな体や、なんだか大変そうな生き方、意味のなさそうな能力など、はたから見れば「ざんねん」な感じがする生き物たち。どうしてかれらが「ざんねん」になってしまったのか、どんな運のよさのおかげで生き残ってこれたのか・・・・・。そんなことを考えてみるのも、おもしろいですよ。」p23





・・・私のこの一文・・・
「進化に正解はありません。」p23



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

Toward 「Qさま!!」 セルフトレーニング97 復習(2017.12.25)

Toward 「Qさま‼︎」
06 /17 2019
2017.12.25 2017年世の中を動かした「ニュースの主役」ベスト25から出題


Q1:同じ内容を日本語と英語で
①宮里藍の会見にまつわる言葉
日本語 □よ□
英語   □チ□ーシ□□

②浅田真央にまつわる言葉
日本語 □□うや□
英語   □ャ□□

③北朝鮮にまつわる言葉
日本語 □う□い
英語   □グ□□ル


Q2:体操世界選手権で女子63年ぶり金を獲得した選手


Q3:似た意味の言葉に言い換え
沈黙→□□ま□


Q4:「引退」を表す言葉に言い換え
□□をおろす
□□□□□を打つ


Q5:九州沖縄サミット(2000年)の出席首脳
①イギリス
②アメリカ
③日本
④ロシア
⑤フランス
⑥ドイツ


Q6:2017年展覧会入場者数ベスト5




A1
①いよく
 モチベーション

②ちょうやく
 ジャンプ

③ぼうめい
 エグザイル

A2
村上茉愛(床)


A3
だんまり


A4
幕をおろす
終止符を打つ


A5
①トニー・ブレア
②ビル・クリントン
③森喜朗
④ウラジミール・プーチン
⑤ジャック・シラク
⑥ゲアハルト・シュレーダー


A6
①「ミュシャ展」 661906人
②「国宝」展   624500人
③「深海2017-DEEP OCEAN-」  617062人
④「運慶」展   600439人
⑤「草間彌生展 わが永遠の魂」  520320人



 1位 ドナルド・トランプ
 2位 小池百合子
 3位 金正恩
 4位 浅田真央
 5位 安室奈美恵
 6位 シャンシャン(香香)
 7位 藤井聡太
 8位 日馬富士
 9位 眞子さま
10位 清宮幸太郎
11位 籠池泰典
12位 豊田真由子
13位 金正男
14位 桐生祥秀
15位 習近平
16位 加藤一二三
17位 カズオ・イシグロ
18位 大谷翔平
19位 安倍晋三
20位 枝野幸男
21位 山尾志桜里
22位 宮里藍
23位 伊達公子
24位 アンゲラ・メルケル
25位 貴乃花親方


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

下の句50音順にたどる百人一首 No.56 はなぞ

百人一首
06 /16 2019
No.56(No35)
下の句
はなぞ・むかしのかににほひける
(花ぞ昔の 香ににほひける)

上の句
ひとは・いさこころもしらずふるさとは
(人はいさ 心も知らず ふるさとは)


意味
あなたのお気持ちは、さあどうでしょう、わかりかねます。でも昔なじみのこの宿では、梅の花は心変わりもせず昔ながらに咲き匂っています。


出典
『古今集』巻1春上・42
「初瀬にまうづるごとに、宿りける人の家に、久しくやどらで、程へて後にいたれりければ、かの家のあるじかくさだかになん宿りはあると、言ひいだして侍りければ、そこにたてりける梅の花を折りてよめる」


作者
紀貫之
868?~946? 平安前期の歌人
望行の息子。
『古今集』撰者の一人。三十六歌仙の一人。
『土佐日記』の作者。


備考
・「人」は初瀬の宿の主人という特定の人を指す。宿の主人が男か女かで説が分かれている。

・「いさ」は「しらず」にかかる陳述の副詞で「さあ、どうだか」の意。

・二句切れ。

・「ふるさと」は「昔住んでいたなじみの里」。

・「初瀬」は今の奈良県桜井市。奈良県の歌枕。初瀬観音(長谷寺)で有名で、ここの観音を信仰すると、現世の欲望がかなえられるといわれた。

・「花」は「香ににほひ」で「梅」のこととわかる。



参考書籍
『百人一首一夕話 上・下』 尾崎雅嘉著 岩波文庫
『ビジュアル版 日本の古典に親しむ② 百人一首』 大岡信著 世界文化社
『別冊太陽 百人一首への招待』 吉海直人監修 平凡社
『解説 百人一首』 橋本武著 ちくま学芸文庫


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング

『夕陽妄語』を読むために 「「佐川急便」さしあたり」

加藤周一
06 /15 2019
「「佐川急便」さしあたり」 1992.10.21

・佐川急便(事件):既出(「賄賂問答」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-719.html)

・弁証法:ギリシア語の dialektikē technēに由来し,対話術,問答術を意味する。一般的にはヘーゲルが体系化した論理法を指す。有限なものはすべて自己に内在する矛盾を動因として対立物を生み出し、それを媒介としてともにより高次の段階へ止揚されると主張し、ーこれを現実世界の一切の運動の原理とした。ソクラテスやプラトンでは、事物の本質を概念的に把握するための方法とされ、アリストテレスでは、真の命題からの論証的推理から区別され、確からしい前提からの推論を意味した。

・色即是空・空即是色:仏教用語。『般若心経』にある言葉。「色」は、宇宙に存在するすべての形ある物質や現象を意味し、「空」は、固定した実体がなく空虚であるという意味。この世のすべての事象は、永遠不変の本質をもつものではなく、すべて空であり、また空であることがこの世のすべての事象を成立させる道理であるということ。





参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

仏像学習 77.国宝仏像各論44 千手観音立像/菩薩立像(道成寺)

仏像
06 /14 2019
仏像学習 77.国宝仏像各論44 千手観音立像/菩薩立像(道成寺)

所在: 宝佛殿

指定:1994年

制作年:9世紀

制作法:木造 漆箔

像高:中尊 291.0cm
    伝日光菩薩像 241.1cm
    伝月光菩薩像 241.7cm    


像容
・42本の腕で表される通形の千手観音と異なり、44本の腕を持つ。

・目は切れ長で、頬は引き締まって張りがある、観心寺の如意輪観音像の彫像に近い。



備考
・千手観音に二菩薩像を配して三尊像とすることは異例。通常日光・月光菩薩は薬師如来の脇侍となる。



道成寺ホームページ
http://www.dojoji.com/1300/index.html


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝039 1997年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

金子みすゞ私的鑑賞 26. 淡雪

金子みすゞ
06 /13 2019
26.淡雪


淡雪

雪がふる、
雪がふる。

落ちては消えて
どろどろな、
ぬかるみになりに
雪がふる。

兄から、姉から、
おととにいもと、
あとから、あとから
雪がふる。

おもしろそうに
舞いながら、
ぬかるみになりに
雪がふる。


『金子みすゞ全集』Ⅱ空のかあさま p122


4連14行(2行 4行 4行 4行)



豪雪地帯で雪の被害を被る人は別として、一般的に「雪」が降るのを見ることには好い印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

白い色の清浄さ、しんしんと降る静謐さ、クリスマスの季節に添える情緒、雪だるまや雪合戦の素材。

けれども、雨が降った後と同様に、雪が積もって溶けた後にできるぬかるみに靴を汚した経験は誰にもあるものです。

そんな、あたかも「ぬかるみになる」ために降る雪の困った面も取り上げるのが、みすゞさんの複数の視点の真骨頂です。

それでも、「おもしろそうに」舞う兄弟姉妹として表現される「淡雪」には、ほほえましい印象を受けてしまいます。





名詞: 雪(5回) ぬかるみ(2回) 兄 姉 おとと いもと あと(2回)

形容詞: おもしろい

動詞: ふる(5回) 落ちる 消える なる(2回) 舞う



通算登場回数  
今回登場      雪:1回目   
今回登場なし   (お)空:7作目 青(青い):6作目  赤(赤い):5作目  白(白い):5作目   母さん(お母さま、かあさま):5作目   雲:4作目  花:4作目  海:2作目  波:2作目 (お)星:2作目 (お)父さま:2作目   (お)舟・船:2作目



参考書籍
『新装版 金子みすゞ全集Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』 JULA出版局 1984年
『童謡詩人金子みすゞの生涯』 矢崎節夫 著 JULA出版局 1993年
『別冊太陽 生誕100年記念 金子みすゞ』 平凡社 2003年
『没後80年 金子みすゞ ~みんなちがって、みんないい。』 矢崎節夫 監修  JULA出版局 2010年
『金子みすゞ 魂の詩人』 増補新版 KAWADE夢ムック 文藝別冊 河出書房新社 2011年
『永遠の詩1 金子みすゞ』 矢崎説夫 選・鑑賞 小学館eBooks 2012年
『金子みすゞ作品鑑賞事典』 詩と詩論研究会編 勉誠出版 2014年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

漱石・読んだふり 『吾輩は猫である』 各論⑤ 五

漱石
06 /12 2019
漱石・読んだふり 『吾輩は猫である』 各論⑤ 五


時期
明治38年弥生の土曜日の夜と翌日曜日(四の夜と翌日曜日)


登場人物(登場順)
・吾輩

・主人

・主人の細君

・めん子(三女)

・とん子(長女)

・すん子(次女)

・下女

・泥棒

・巡査

・多々良三平

・鼠




ストーリー
・主人宅に泥棒が侵入する。

・人間の顔に同じものがないことは神の無能力の証拠であるという吾輩の卑見。

・泥棒の顔が寒月に瓜二つであったことが、上記卑見を否定するに足ると考える。

・泥棒が山の芋・小供のちゃんちゃん・帯・羽織などを盗んで行く。

・翌朝、巡査が盗難の調書を取る。

・主人が盗難告訴を書こうとするも、細君と喧嘩をして中断する。

・多々良三平が主人宅を訪れる。

・三平と主人夫婦との会話
・盗難にあったこと
・禿があること
・吾輩が泥棒避けの役に立たなかったこと
・三平が主人に実業家になることを勧めること
・三平が寒月について尋ねる

・吾輩、鼠を捕ることを決心し、作戦を練る。

・鼠を捕ろうと試みるも、鼠にしてやられる。



言及される歴史上の人物・事項
・ラファエル
「ラファエルに寸分違わぬ聖母の像を二枚かけと注文するのは、全然似寄らぬマドンナを双幅見せろと逼ると同じく、ラファエルに取っては迷惑であろう、」p178

・弘法大師
「弘法大師に向かって昨日書いた通りの筆法で空海と願いますという方がまるで書体を換えてと注文されるよりも苦しいかも分らん。」p178

・達磨
「達磨という坊さんは足の腐るまで座禅をして澄ましていたというが、仮令壁の隙から蔦が這い込んで大師の眼口を塞ぐまで動かないにしろ、寝ているんでも死んでいるんでもない。頭の中は常に活動して、廓然無聖などと乙な理窟を考え込んでいる。」p199

・東郷大将
「東郷大将はバルチック艦隊が対馬海峡を通るか、津軽海峡へ出るか、あるいは遠く宗谷海峡を廻るかについて大に心配されたそうだが、今吾輩が吾輩自身の境遇から想像して見て、御困却の段実に御察し申す。」p204




語句・表現
・明笛:明楽に用いる竹製の横笛。管長は約 66cmで、両端を牙などで飾る。指孔は6孔。清笛と同じく別に薄い竹紙を張った響孔があり、これによって微妙な音色を出すことが特色。

・ジュピター:ローマ神話に登場する気象現象を司る最高神ユーピテルの英語名。ギリシア神話のゼウスと同一視される。

・ウェブスター:アメリカの語学者ウェブスターが19世紀初頭に編纂した『アメリカ英語辞典』。

・竜文堂:江戸末期から昭和33年頃まで8代続いた京都の鉄瓶屋。

・憫然:哀れなさま。 かわいそうなさま。

・模傚:まねすること。模倣。

・琴瑟(きんしつ)調和:琴と瑟(大型の琴)。夫婦仲がむつまじいことのたとえ。

・唐桟(とうざん):江戸時代以降にヨーロッパ船や中国船によってもたらされた紺地に浅葱・赤などの縦の細縞を織り出した綿織物およびそれを模倣して作った綿織物。唐桟は唐桟留の略で,インドのサントメからもたらされたのでこの名がある。

・御納戸(色):染色の一つ。鼠色がかった藍色。江戸時代に流行した藍染めの一つで、納戸の垂れ幕、木綿のふろしきなどに用いた。

・三盆:白砂糖の一つ。伝統的製法により特別に精製を繰り返した上等な砂糖。上白糖をいうこともある。

・権柄(けんぺい)ずく:権勢にまかせて物をいったり、ことを行なったりすること。

・オタンチン・パレオロガス:オタンチンはまぬけの意味で、人をののしっていう語。これに東ローマ皇帝コンスタンチン・パレオロガスを組み合わせた造語。

・草盧:草で作った小さな家。草庵。自分の住居をへりくだっていう語。

・眷顧:特別に目をかけること。ひいき。

・郎君:年若く身分の高い男子や主家の息子などを敬っていう語。わかとの。

・十年一狐裘:一般には「一狐裘三十年」で質素倹約であることのたとえ。春秋時代、斉の晏子が貧困家庭を数十軒も扶助する一方で、一枚のキツネの皮衣を三十年も着たという故事から。狐裘は狐の毛皮でつくったりっぱな皮衣。

・旻天(びんてん):空。天空。

・木強漢:一本気な男。

・廓然無聖:仏語。「碧巌録」にある言葉で、大悟の境地には聖人と凡夫、仏と衆生との区別がないこと。禅における公案の一つ。

・乾屎橛(かんしけつ):禅宗で、乾いた棒状の糞。常識的な観念を打破するため、仏とは何かという問いに対する答え。糞を拭うのに用いた乾いたへらとも解される。

・大声は俚耳に入らず:すぐれた音楽は俗人の耳には受け入れられない。高尚な議論は俗人に理解されにくいということ。『荘子』「天地」から。

・陽春白雪の詩には和するもの少なし:すぐれた人の言行は凡人には理解されにくいことのたとえ。「陽春白雪」は中国の楚で最も高尚とされた歌曲。

・千金の子は堂陲に坐せず:金持ちの子は軽率な行動をしないということ。金持ちの子は落ちて怪我することがないよう、建物の端に足を垂れて座るような軽率な行動はしないことから。

・超邁:他より非常にすぐれていること。



読みづらい漢字
・蚯蚓(みみず)
・窶す(やつ・す)
・袂(たもと)
・闖入(ちんにゅう)
・一穂(いっすい)
・辱うする(かたじけの・うする)
・躄(いざり)
・熾に(さかん・に)
・攫み(つか・み)
・竈(へっつい)
・護謨(ごむ)
・啣える(くわ・える)



今日にも通用する内容
・「世の中には悪い事をしておりながら、自分はどこまでも善人だと考えているものがある。」p174



面白い表現
・「形体以外の活動を見る能わざる者に向かって己霊の光輝を見よと強ゆるは、坊主に髪を結えと逼るが如く、鮪の演説をして見ろというが如く、電鉄に脱線を要求するが如く、主人に辞職を勧告する如く、三平に金の事を考えるなというが如きものである。必竟無理な注文に過ぎん。」p200



参考図書
『漱石全集』第一巻、第二巻 岩波書店 1978年
『吾輩は猫である』 岩波文庫
『漱石大全』Kindle版 第3版 古典教養文庫
『カラー版新国語便覧』 第一学習者 1990年
『漱石とその時代』1~3 江藤淳 著 新潮選書
『決定版 夏目漱石』 江藤淳 著 新潮文庫
『夏目漱石を読む』 吉本隆明 著 ちくま文庫
『特講 漱石の美術世界』 古田亮 著 岩波現代全書


日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

各国個人的調査 オマーン

国情報
06 /11 2019
オマーン国 (阿曼 阿蔓 汪満)


0.国名・国旗
国名
国名の由来不明

国旗
比率 1:2 1995年制定

カントン部にオマーンの伝統的な短剣カンジャルと2本の太刀を重ねた国章が配された3色旗。

赤:アラビアの君主の伝統色であると同時に外敵からの防衛
白:イスラム教の指導者(イマーム)および平和
緑:農作物と繁栄
を表す。


1.面積
30.95万㎢(日本の約85%)


2.人口・人口密度
465万人(2018年11月オマーン国立情報・統計センター)

15人/㎢


3.首都
マスカット


4.言語
アラビア語(公用語) 英語も広く通用


5.宗教
イスラム教 (イバード派が主流)


6.略史
1〜2世紀:アラブ人の移動・定住。
7世紀:イスラム改宗。
1509年:ポルトガル人渡来。以後ポルトガルの支配下に入る。
1650年:イマーム・ヤールビ王朝によるポルトガル人追放、全国統一。
1749年:サイード王朝の開始。
1820年:オマーン帝国成立。
1891年:英国の保護国となる。
1970年:皇太子カーブースがクーデターを起こし、父王サイード(英語版)を追放、自身は国王に即位。


7.通貨
オマーン・リアル


8.政治
君主制

元首は国王。国王が首相、外相、財務相、国防相を兼任。

議会:二院制


9.経済
主要産業:石油関連業、農漁業、観光業


10.世界遺産(4件)
文化遺産(4件)
・バハラ城塞(1987)
砂漠に残る壮麗な要塞の廃墟
http://whc.unesco.org/ja/list/433#top

・バット、アル−フトゥム、アル−アインの古代遺跡群(1988)
謎の国家の集落跡
http://whc.unesco.org/ja/list/434#top

・フランキンセンスの国土(2000)
古代の女王たちも愛した乳香に関する遺跡
http://whc.unesco.org/ja/list/1010#top

・アフラージュ、オマーンの灌漑システム(2006)
天文観測で運営される灌漑システム
http://whc.unesco.org/ja/list/1207#top


11.その他
・インターネット規制がある。

・多くの家庭がメイドを雇っていて、その大半がフィリピン人。


参考サイト
外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/oman/data.html#section1


参考書籍
『国旗・国歌の世界地図』21世紀研究会編 文春新書 2008年
『今がわかる時代がわかる 世界地図 2016年版』 成美堂出版
『世界遺産大事典』上・下 マイナビ出版 2016年
『なるほど知図帳世界 2017』 昭文社
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。