FC2ブログ

強い圧力で・・・を動かそう

消費者の視点
03 /13 2019
今年e-Taxで確定申告をしました。

ネット上でも多くの人が不満を訴えていますが、e-TaxではChrome、Microsoft Edgeが使えず、Internet Explorerに限定されています。

今時ChromeもEdgeも使えないサイトがあるとは驚きです。

おそらく国税庁がE-Taxを導入した際、桜田大臣ほどではないにしても、当然自分たちでは作れませんから、官僚が天下りしている外郭団体に法外の報酬で依頼し、もちろんその団体でも作る能力はありませんから、下請け・孫請けの私企業が安い報酬で引き受けたものと思われます。

時代は流れ、使用されるブラウザも変化しましたが、住民の利便性に無頓着な人たちは、そんなことは知りませんし、知っていたとしても自ら動こうとはしないものです。

強い圧力団体の要求やマスコミのつるし上げがないとなかなか動かない種類の人たちですから、ネット上で少しでも多くの声があることを示すために、書いてみました。

公文書を偽造したこと、統計データをねつ造したことをマスコミにたたかれても平気な人たちなので期待薄でしょうか。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



百均ラップにご用心

消費者の視点
02 /22 2019
初めて百均でラップ(食品包装用ラップフィルム)を買ってみました。

結論から言うと、大手メーカーのラップに比べると相当薄く、品質的に相当劣るのは当然ですが、それに加えて有害事象も加わる印象をうけました。

ラップで包装した食品を、少し長めにレンジでチンして熱くなりすぎると、ラップが融けてしまいます。

冷凍したおにぎりをチンした際、ラップが融けて、おにぎりがレンジの床に直に乗っかっている状態になってしまいました。

それだけなら、レンジの床が汚れるだけですが、気がかりなのは、融けたラップの成分が食品に付着したのではないかということです。

その成分が、百歩譲って人体に無害だとしても、あまり気持ちのいいものではありません。

パッケージを確認したら中国製でした。

中国製でなくとも、あれだけ薄いラップになると融けるのかもしれませんが、やはり中国製=粗悪・危険という固定観念はぬぐえません。

日本の企業が品質管理はしているでしょうが、マクドナルド用のチキンの処理で床に落ちたものをそのまま使ったり、五つ星ホテルの従業員が浴槽を洗った雑巾でコップを拭くような国ですから、信用はできません。

少なくとも、食品そのものおよび食品に付随する製品に関しては、国民の健康を守るという意味では、国策として中国産を排除すべきだというのが私見です。



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

「くりはま花の国」訪問

消費者の視点
10 /05 2018
本日もご訪問いただきありがとうございます。

神奈川県横須賀市にある「くりはま花の国」に行ってきました。

ホームページを見ると100万本のコスモスがあり、コスモス祭りをやっているということでした。

台風24号が通過した翌々日で、ホームページの開花情報も9月28日が最終更新日で不安がありましたが、とりあえず行ってみました。

園内に入ると、ただの雑草地かと思うほどの荒れようで、キバナコスモスはわずかに咲いていましたが、それも半分以上は枯れた状態でした。

台風の影響があっただろうことを斟酌しても、日頃の管理の杜撰さがはっきり見てとれる状態でした。

調べてみると、横須賀市が運営する施設だとわかり納得しました。

もとは在日アメリカ軍の倉庫が返還されたところを横須賀市が整備したようですが、園内はアップダウンが多く、高齢者や小さな子供には不向きです。

フラワートレインという乗り物はありますが、1回210円必要です。

入園料は無料でいいなと思い行ったのですが、これで入園料をとれば100パーセントの人が文句を言うだろうという施設です。

ただ、入園料を取らない代わりに駐車場代が620円かかります。

入園料を取れるような施設ではないから、せめて園内乗り物や駐車場代で稼ごうという考えのようです。

しかし、その駐車場も空きスペースがあるにもかかわらず、満車の表示で、一台出ないことには入れない状態でした。

今日4日になってホームページに、「生育が悪くなっている」と書いてありますが、そういうレベルではありません。

公的機関が運営する施設はひどいものが多いですが、ここもその一つと言えそうです。

公共施設だから別に儲ける必要はなく、税金で賄われるので、より良い施設にしようという姿勢が感じられません。

何よりもホームページに正確な情報が載せられていないのが

ここの維持費、人件費などに横須賀市民の税金が無駄に使われていることに、心が痛みます。


・横須賀観光情報
https://www.cocoyoko.net/event/cosmos-fes.html
・公園だより
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/blog/
・ホームページ
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/




ハワイ トロリーバス 私的比較

消費者の視点
08 /13 2018
本日もご訪問いただきありがとうございます。

ハワイ(オアフ島)に行くと、タクシー以外の一般的移動手段としては、路線バス(THE BUS)とトロリーバスがあります。

路線の多さ、移動可能範囲の広さ、自由度、金額からいえばTHE BUSが最もおすすめです。

一日乗車券(5.5ドル)を買えば乗り放題になります。

ただ、THE BUSの場合、自分が行きたい場所へ何番のバスにのり、どのバス停で降りればいいのかを調べる面倒さがあります。

その点、日本の各旅行会社が提供するトロリーバスは、最初から観光地を目指して路線が設定されていますから、路線名で自分の乗るべきトロリーがほぼわかるので、迷うことはありません。

ただし、それぞれのトロリーバスで、利用条件が異なるので、それを知っておく必要があります。

基本的に、各旅行会社のツアーに参加したり、旅行会社のサイトから航空券やホテルを予約することが条件となります。

今は、情報社会ですので、そういった利用条件や路線などはネットで調べることができます。

比較的わかりやすいのは下記のサイトです。

アロハグラフィー:https://hhtphototours.com/comparethetrollys/

本日の記事の内容は、その補足的なものとなります。

①旅行会社のツアーやチケット購入をしなくても利用できるのが、「ワイキキトロリー」のピンクラインです。ただ一つ条件は、乗車の際JCBのマークの付いたクレジットカードを提示する必要があります。しかし、現在クレジットカード所有者でJCBカードを一枚も持たない人はほとんどいないのではないでしょうか。その意味では、何も手続きをせずに無料で乗れる唯一のトロリーバスです。1枚のJCBカードで、カード所有者とその家族(大人1人、11歳以下の子供2名)の最大4名まで乗車可能です。ピンクラインとはワイキキとアラモアナショッピングセンターを巡回する路線となり、自分の宿泊するホテルから、ワイキキ、DFS、アラモアナなどへ行く際は利用価値のあるトロリーバスです。

②最も路線が多く、停留所数も多く、かつ一般販売もあるのが、H.I.S.のLeaLeaトロリーです。
1日券は単路線で割高なので、複数の路線が使える7日間乗り放題パスがお得です。
https://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_trolley.html

③ワイキキとアラモアナを結ぶ路線はどのトロリーにもありますが、基本的にお店が開く少し前の9:00(実質的には9:30)以降がメインの運行時間ですが、JTBのオリオリウォーカトロリーは7:30から運行しており。朝早い時間から活動する場合は利用価値があります。
https://www.oliolihawaii.com//map/olioli_kamiki.pdf

④JALのレインボートロリーは先に参考サイトとして紹介したトロリー比較サイトでは、いつもすいているが本数が少ないことが特徴として書いてありましたが、今回の滞在では本数は他のトロリーと遜色はありませんでした。いつもすいているのはその通りです。それは、もともと割高のJALパックを利用する人が少ないこと、ビジネスクラス以上の利用者しか複数の路線を使えないので、わざわざJALのサイトから航空券を購入する人が少ないこと、利用するために必要なJALOALOカードを別に申し込む必要があることなど、利用するためのハードルが高く、そもそも利用可能者数が少ないためと思われます。


まとめ
ハワイのトロリー利用を重視した場合、路線数、本数、利用するための条件、WiFiサービスなどを総合すると、LeaLeaトロリー乗り放題が付いてくるH.I.S.のCiaoパッケージツアーが最も利用価値が高いと思います。


これまでは、ハワイは冬に避寒地としていく場所の一つという位置づけだったと思いますが、日本の夏が今年のようにむし暑く酷しいものになってくると、日中の気温は28〜29℃で、日陰や風が吹くと涼しいくらいなので、むしろ避暑地の候補地となってもおかしくないと思います。

佐川急便ショートメールは犯罪者の仕業だった

消費者の視点
08 /02 2018
本日もご訪問いただきありがとうございます。

一昨日「佐川急便の怪」として不在通知のショートメールが来たことに触れました。

その時は佐川急便の何らかのミスという考えを記しましたが、そうではなく、犯罪者によるものだったようです。

本日(8月1日)のいくつかのネットニュースに同様のメールが届き、アプリをインストールさせて個人情報を盗み取る被害が相次いでいるようです。

私はアプリのインストールまではいかず、個人情報の入力もしていませんが、これからも同様の犯罪行為は発生すると思われます。

みなさんも、配送業者によるショートメールは無視し、個人情報の漏洩にご注意ください。

ネットニュースの一つ
http://news.livedoor.com/article/detail/15092462/

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。