fc2ブログ

西洋画家紀伝 66.シュテファン・ロッホナー

西洋美術
04 /07 2024
シュテファン・ロッホナー
Stefan Lochner


生:1410頃 メールスブルク
没:1451   ケルン

・ゴシック後期のドイツの画家。

・金色と群青色を多用し、中世の宗教美術を手本にしていることがうかがわれる。

・自然主義な細密描写を豊富に取り入れている。

・ロベール・カンパンやヤン・ファン・エイクの作品にも通じていた。


作品
・1440~1442:『最後の審判』 ヴァルラーフ・リヒャルツ博物館
・1440~1445:『三王祭壇画』 ケルン大聖堂
・1440~1445:『東方三博士の礼拝』 ケルン大聖堂
・1445頃:『幼児キリストの礼拝』 アルテ・ピナコテーク バイエルン州立絵画コレクション
・1450~1451:『薔薇垣の聖母』 ヴァルラーフ・リヒャルツ博物館



参考書籍
・『西洋美術史ハンドブック』 高階秀爾 編 新書館 1997年
・『増補新装 カラー版 西洋美術史 』 高階秀爾 監 美術出版社 2002年
・『いちばん親切な 西洋美術史』 池上英洋 著  新星出版社 2016年
・『鑑賞のための西洋美術史入門』 早坂優子 著  視覚デザイン研究所 2006年
・『知識ゼロからの西洋絵画史入門』 山田五郎 著 幻冬舎 2011年
・『改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト』 美術検定委員会 編 美術出版社 2014年
・『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』 木村泰司 著 ダイヤモンド社 2017年
・『世界の美術 コンパクト版』 アンドリュー・グレアム=ディクソン 監 河出書房新社 2017年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン
スポンサーサイト



西洋画家紀伝 65.ミヒャエル・パッヒャー

西洋美術
03 /22 2024
ミヒャエル・パッヒャー
Michael Pacher


生:1435 ブルネック
没:1498 ザルツブルク

・15世紀オーストリアの後期ゴシックを代表する芸術家

・イタリア・ルネサンス美術、とくにマンテーニャの影響を受ける。

・ドイツ語圏で初めて遠近法を修得した一人。


作品
・1471〜1481:『聖ヴォルフガングの祭壇画』 聖ヴォルフガング教会
・1483:『教父祭壇画』 アルテ・ピナコテーク バイエルン州立絵画コレクション
・『聖アウグスティヌスと悪魔』 アルテ・ピナコテーク バイエルン州立絵画コレクション



参考書籍
・『西洋美術史ハンドブック』 高階秀爾 編 新書館 1997年
・『増補新装 カラー版 西洋美術史 』 高階秀爾 監 美術出版社 2002年
・『いちばん親切な 西洋美術史』 池上英洋 著  新星出版社 2016年
・『鑑賞のための西洋美術史入門』 早坂優子 著  視覚デザイン研究所 2006年
・『知識ゼロからの西洋絵画史入門』 山田五郎 著 幻冬舎 2011年
・『改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト』 美術検定委員会 編 美術出版社 2014年
・『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』 木村泰司 著 ダイヤモンド社 2017年
・『世界の美術 コンパクト版』 アンドリュー・グレアム=ディクソン 監 河出書房新社 2017年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

西洋画家紀伝 64.マルティン・ショーンガウアー

西洋美術
03 /06 2024
マルティン・ショーンガウアー
Martin Schongauer


生:1450頃 コルマール
没:1491 コルマール

・ドイツの画家・版画家。ドイツ後期ゴシック絵画の代表者。

・初めて本格的な銅版画活動を行った画家。

・デューラーなどに大きな影響を与えた。

・存命中にHübsch Martin(「雅びのマルティン」)という異名を与えられた。

・ヴァザーリは『芸術家列伝』の中で、「ミケランジェロはショーンガウアーの『聖アントニウスの誘惑』を模写していた」と記している。


作品
・1470:『聖家族』 アルテ・ピナコテーク
・1473:『薔薇の生垣の聖母』 サン・マルタン教会
・1475:『羊飼いの礼拝』 ベルリン絵画館
・1475頃:『聖アントニウスの誘惑』(版画) ウフィッツィ美術館



参考書籍
・『西洋美術史ハンドブック』 高階秀爾 編 新書館 1997年
・『増補新装 カラー版 西洋美術史 』 高階秀爾 監 美術出版社 2002年
・『いちばん親切な 西洋美術史』 池上英洋 著  新星出版社 2016年
・『鑑賞のための西洋美術史入門』 早坂優子 著  視覚デザイン研究所 2006年
・『知識ゼロからの西洋絵画史入門』 山田五郎 著 幻冬舎 2011年
・『改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト』 美術検定委員会 編 美術出版社 2014年
・『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』 木村泰司 著 ダイヤモンド社 2017年
・『世界の美術 コンパクト版』 アンドリュー・グレアム=ディクソン 監 河出書房新社 2017年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

西洋画家紀伝 63. フランス・フローリス

西洋美術
02 /19 2024
フランス・フローリス
Frans Floris de Vriendt


生:1519または1520 アントウェルペン
没:1570 アントウェルペン

・オランダの肖像画家。

・リエージュの画家・建築家のランベール・ロンバール(Lambert Lombard: 1519/1520–1570)の徒弟として修行。

・兄は彫刻家、建築家になるコルネリス・フロリス(Cornelis Floris De Vriendt: c.1514–1575)。

・ミケランジェロやイタリアのマニエリスムの影響を受ける。


作品
・1554:『反逆天使の墜落』 アントウェルペン王立美術館
・1554:『反逆天使の墜落』 アントウェルペン王立美術館
・1558:『老婦人の肖像、あるいはファルコナーの妻の肖像』 ボザール美術館



参考書籍
・『西洋美術史ハンドブック』 高階秀爾 編 新書館 1997年
・『増補新装 カラー版 西洋美術史 』 高階秀爾 監 美術出版社 2002年
・『いちばん親切な 西洋美術史』 池上英洋 著  新星出版社 2016年
・『鑑賞のための西洋美術史入門』 早坂優子 著  視覚デザイン研究所 2006年
・『知識ゼロからの西洋絵画史入門』 山田五郎 著 幻冬舎 2011年
・『改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト』 美術検定委員会 編 美術出版社 2014年
・『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』 木村泰司 著 ダイヤモンド社 2017年
・『世界の美術 コンパクト版』 アンドリュー・グレアム=ディクソン 監 河出書房新社 2017年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

西洋画家紀伝 62. アントニス・モル

西洋美術
02 /03 2024
アントニス・モル
Sir Antonis Mor


生:1520 ユトレヒト
没:1578頃 アントウェルペン

・オランダの肖像画家。

・ヤン・ファン・スコーレルに師事する。

・アラス司教アントワーヌ・ド・グランヴェル、後スペイン国王フェリペ2世が後援者となる。


作品
・1528:『自画像』 ウフィッツィ美術館 
・1549:『グランヴル枢機卿像』 ウィーン帝立ギャラリー
・1549:『アルバ公フェルナンド・アルバレス・デ・トレド像』 ニューヨーク・ヒスパニック協会
・1549:『スペイン国王フェリペ2世』
・1554:『イングランド女王メアリー1世像』 プラド美術館


参考書籍
・『西洋美術史ハンドブック』 高階秀爾 編 新書館 1997年
・『増補新装 カラー版 西洋美術史 』 高階秀爾 監 美術出版社 2002年
・『いちばん親切な 西洋美術史』 池上英洋 著  新星出版社 2016年
・『鑑賞のための西洋美術史入門』 早坂優子 著  視覚デザイン研究所 2006年
・『知識ゼロからの西洋絵画史入門』 山田五郎 著 幻冬舎 2011年
・『改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト』 美術検定委員会 編 美術出版社 2014年
・『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』 木村泰司 著 ダイヤモンド社 2017年
・『世界の美術 コンパクト版』 アンドリュー・グレアム=ディクソン 監 河出書房新社 2017年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。