FC2ブログ

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
08 /22 2019
『ソーシャルメディアで億万長者になる!最強インフルエンサー術』
ゲイリー・ヴェイナチャック 著   今井和久、佐々木紀子 訳  扶桑社 2019年 電子書籍版


・「パワフルで持続力のあるパーソナルブランドを創出するために、インターネット上のプラットフォームを最も効果的に活用する手法について、僕は読者の皆さんに最先端の情報を提供したい。」4.7%

・「今回は『ゲイリーの稼ぎ方』の原則に従ってパーソナルブランドを構築し、とてつもない成功を収めた起業家の方々を皆さんに紹介したい。」4.7%

・「本書では現在の主要なプラットフォームをすべて分析し、読者の誰もが自分の主力のコンテンツとして利用すべきプラットフォームはどれなのか、またパーソナルブランドを補強するために他のプラットフォームをどのように利用すればよいのかをしっかり見極められるようにしたい。現代のビジネス世界を席巻している新しいソーシャルプラットフォームの分析も行うつもりだ。」5.0%

・「本書があなたに刺激を与えることを願っている。よく「あなたみたいになりたい」と言う人がいる。僕みたいではなくて自分自身であってほしいが、もし本当に僕のようになりたいなら、起業家について勉強するのは」ここまでにして、とっとと仕事を始めてほしい。そうすれば、本書があなたの読む最後のビジネス書になるだろう。」97.4%




・・・私のこの一文・・・
「誰にとってもパーソナルブランドを確立することは、たとえその人が裕福で有名になることに興味がないとしても、得策なのだ。」5.6%



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
08 /14 2019
『世界最強記憶術 場所法』
平田 直也 著   ディスカヴァー・トゥエンティワン 2019年 電子書籍版


・「記憶術というワザを身につけ、それを意識的に使って、覚えたいものをしっかりと覚えられるようになる。ここがゴールです。」1.6%

・「記憶術というのは、脳の仕組みを活用した、理論に基づく再現性のあるメソッドです。なので、誰でも、後天的に身につけることができます。特殊能力でも、怪しいものでも、精神論でもなく、単なるテクニックにすぎません。」1.9%

・「本書でお伝えするのは、明日から使える具体的な記憶のワザです。このワザを身に着け、毎日の暮らしに役立てていただけたら幸いです。」2.7%

・「本書で私が紹介した「副産物」がきっかけとなり、記憶術そのものに興味を抱いてもらえる方が増えたとしたら、そして、競技を始める方が増えたとしたら、これ以上の喜びはありません。」97.5%




・・・私のこの一文・・・
「覚えたいときに楽に覚えられるように鍛えておいて、損はないはずです。」39.5%



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
08 /06 2019
『「武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』
山口 周 著   KADOKAWA 2018年


・「哲学・思想の専門家ではない私がなぜビジネスパーソン向けに「哲学・思想」の本を書いたのか。その理由を一言で表せば、世界の建設に携わっているビジネスパーソンにこそ、哲学・思想のエッセンスを知っておいて欲しいから。」p3

・「本書と類書を分けるポイントは次の三点ということになります。①目次に時間軸を用いていない ②個人的な有用性に基づいている ③哲学以外の領域もカバーしている。」p32

・「短兵急にアウトプットだけを知りたい、教えたいという気持ちを抑え、むしろそのアウトプットを主張するに至った思考のプロセスや問題に向き合う態度をストーリーとしてコンパクトに紹介することが重要だ、ということになります。本書でこれから紹介する「哲学・思想のキーコンセプト50」は、そのような「思考のプロセス・問題に向き合う態度」を追体験する上で、橋頭堡のような役割を果たしてくれることを期待して選出しました。」p55




・・・私のこの一文・・・
「世界史的な悲劇の主人公をヒトラーでもポルポトでもない、そのようなリーダーに付き従っていくことを選んだ、ごくごく「普通の人々」なのです。」p18



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
07 /29 2019
『「幸せをお金で買う」5つの授業』
エリザベス・ダン、マイケル・ノートン 著   古川奈々子 訳  中経出版 2014年 電子書籍版


・「本書の目的は、みなさんに幸福度をもっと上げられる方法でお金を使えるようになってもらうことです。また、自分自身を幸福にする方法からは、他の人々を幸福にしたいと考える会社や組織も有益なヒントを学ぶことができます。さらに本書では、従業員と顧客の経験をどのように変えたら、彼らの幸福度と満足度に最も大きなインパクトを与えることができるかについても説明していきます。」27/413

・「この本の5つの原則をまとめているのは、1つのシンプルな前提です。いつものように5ドルを使う前に、ちょっと時間を取って自分に尋ねてみてください。「これはハッピーマネー(幸福になるためのお金の使い方)なのだろうか?」「これから使おうとしているお金によって、最大の幸福を得られるだろうか?」と。」37/413

・「ハッピーマネーの5つの原則はどれも、幸福を高めることが科学的に証明された方法です。心臓移植手術は外科医にまかせたほうがいいように、幸福になるためには、ただやみくもにやるよりもこれらの原則に従った方がずっといいを私たちはかなり強く確信しています。そして、幸運にも、お金を使うことは、大手術よりもはるかに簡単で、血だらけになることもまずありません。」409/413




・・・私のこの一文・・・
「いま持っているお金をどうやって貯めるかではなく、どうやって使うかを考えるようになると、幸福になるために無限に富を増やさなければならないという強迫観念から解放されていきます。」24/413



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
07 /21 2019
『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』
小林昌平 著   文響社 2018年 電子書籍版


・「人生をかけて哲学者が導き出した考えにふれることで、私たちの日常の悩みを解決する糸口をみつける。哲学者がその答えに至ったプロセスをたどりながら、哲学に興味をもち、ふだんの思考の枠をひろげてみる。それが本書の試みです。」10/437

・「誰もが抱える悩みに答える叡智を求めて、哲学者たちが格闘した思索の跡をたどっておくことに、意味がないはずがありません。これからあなたが出会う悩みと向き合い、乗りこえてゆくにあたって、ここで学んだ哲学は必ずや生きてくるものです。私たちの身近な悩みを通じて、本書が「哲学」ー人間を生涯にわたって支える深遠な思索の世界ーの入り口になることができたなら、これにまさる喜びはありません。」11/437

・「もし人生に絶望するような深い悩みに直面したら、悩める私たちの先達として、哲学者たちが人生を賭して書き遺した書物をひもといてみる。そのことで、悩みを乗りこえるヒントを得られるのではないでしょうか。つらいときに自分を救う哲学をもっておくことは心強いことです。かつての漱石やジョブズがそうであったように。生き延びるために、哲学を活用してまいりましょう。」398/437




・・・私のこの一文・・・
「純粋に実力が支配するものづくりのプロセスでは、他人との比較で優越感や劣等感を感じることなど無意味で、来た依頼に自分の持てるかぎりの力を出しきれるかがすべてになります。」135/437



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。