fc2ブログ

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
04 /09 2024
『名画の読解力 教養のある人は西洋美術のどこを楽しんでいるのか⁉︎』
田中久美子 監修 エムディエヌコーポレーション 2018年 電子書籍版


・「本書で取り上げるのは、「物語を紡ぐ絵画」です。つまり、作品の背後に語られる物語があり、描かれた人物やモティーフに意味が託され、メッセージが込められている。」1%

・「こうした絵画の見方を習得するのは少々やっかいで、時間のかかるものかもしれません。けれども、ひとたび、読み方を習得するならば、絵画作品はもっと深くわたしたちに語りかけ、知的な喜びと興奮を与えてくれます。」1%

・「本書をひもといて絵画を読み解く知的な楽しみを堪能してください。本書が読者の方々に、絵画をもっと深く理解し、もっと楽しむための手引きとなれば幸いです。」



・・・私のこの一文・・・
「絵画はキリスト教の布教のために発展したといっても過言ではないほど、密接な関係があります。」39%



引用後の%は電子書籍での位置を表します。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
03 /24 2024
『哲学100の基本』
岡本裕一朗 著 東洋経済新報 2023年 電子書籍版


・「本書は、哲学の基本を前提知識なしに学んでいただくための本です。しかも、 100の項目をワンフレーズで構成し、哲学のテーマを網羅的に理解できるようにしました。」1%

・「本書において、 2500年にわたって、哲学が提案してきた思考のメガネをご紹介しますので、皆さんもぜひ試してみてください。驚くような発見ができるのではないかとひそかに期待しています。」2%


・・・私のこの一文・・・
「オリジナルと見える哲学者の考えのうちに、他からの影響や借用を見出すことが、哲学史を理解する時の重要な視点なのです。」12%



引用後の%は電子書籍での位置を表します。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
03 /08 2024
『超訳 孫子の兵法』
許成準 著 彩図社 2021年 電子書籍版


・「本書のタイトルが〝超訳〟である理由は、好き勝手に意訳したということではなく、既存の訳の間違いや、不明瞭な部分を直し、誰が読んでも分かりやすい訳を目指したからである。」2%

・「既存の『孫子』についての本を読んだ読者の中には、現代語訳とはいっても、何か論理が合わなかったり、変な文章だと思った人もいるだろう。本書ではそのような部分も、すっかり理解できるように訳されている。「原文の意味に最も近く、最も理解しやすい現代語訳」を目指して書かれたのが、本書であるからだ。」2%

・「本書では古今東西の故事はもちろん、現代のビジネスの事例を多く使って、本文の理解を手助けする。」3%



・・・私のこの一文・・・
「ヤクザが派手な彫り物をする理由のひとつは、戦わずして勝つためである。」18%



引用後の%は電子書籍での位置を表します。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
02 /21 2024
『勉強の哲学 来るべきバカのために』
千葉雅也 著 文藝春秋 2020年 電子書籍版


・「本書では、そうした情報過剰の状況を勉強のユートピアとして積極的に活用し、自分なりに思考を深めるにはどうしたらいいかを考えたいのです。」2%

・「これから説明するのは、いままでに比べてノリが悪くなってしまう段階を通って「新しいノリ」に変身するという、時間がかかる「深い」勉強の方法です。」

・「本書は、ドゥルーズ&ガタリの哲学とラカン派の精神分析学を背景として、僕自身の勉強・教育経験を反省し、ドゥルーズ&ガタリ的「生成変化」に当たるような、または精神分析過程に類似するような勉強のプロセスを構造的に描き出したものです。」82%

・「本書は、ドゥルーズおよび精神分析と、分析哲学(における言語論)を架橋する議論の萌芽的なものであるとも言えます。」82%


・・・私のこの一文・・・
「生活から勉強へと進むには、ネットで検索するためにも、「抽象的で堅いキーワード」を思いつくことが必要なのです。」44%



引用後の%は電子書籍での位置を表します。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

著者自身による書中評 および 私のこの一文

書評
02 /05 2024
『名著で読む世界史』
渡部昇一著 扶桑社 2013年 電子書籍版


・「本書で取り上げる十三の著作は、いずれもアカデミックな視点で選んだものではありません。他の本ではあまり取り上げられないような本もあえて含めています。これは、編集者と私が話し合って選んだもので、時代としては、古代ギリシアから近現代までをカバーしています。」1%

「本書では、一般的な知識としての世界史を知るための本ではなく、歴史において、「革命的な知の光」を示したと思われる人たちの十二の著作を選びました。それは、普通の人が、それまで見逃してきたことを、知の光によって見抜いたもの、といえるかもしれません。その十二の著作に、関連する拙著一冊を加えて解説したのが本書です。」1%


・・・私のこの一文・・・
「『戦争論』をもとに、戦争の歴史というものを考えると、やはり、哲学は技術よりも強い、と改めて思うのです。」58%



引用後の%は電子書籍での位置を表します。


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。