FC2ブログ

仏像学習 85.国宝仏像各論52 四天王立像(東大寺)

仏像
08 /18 2019
仏像学習 85.国宝仏像各論52 四天王立像(東大寺)


所在:東大寺 法華堂

指定:1952年

制作年:8世紀中頃

制作法:脱活乾漆造り、彩色及び漆箔

像高:持国天 309cm   
    増長天 300cm
    広目天 304cm
    多聞天 310cm
  
    
像容
・増長天のみ兜を被り、他の三像は細かい毛筋目を入れて高髻に結う。

・四像とも漆箔地彩色や白土地彩色による文様、乾漆の盛り上げによる連珠文・変形パルメット繋ぎ文、菱十字文などの多彩な装飾文様が施される。

・持物:持国天と増長天 三叉戟
     広目天 筆(亡失)と巻子
     多聞天 三叉戟 左手の持物は亡失

・四像とも皮甲をまとい、州浜座の上で邪鬼を踏みつけて立つ。

・持国天と広目天は目を見開き、増長天と多聞天は細目にして目を凝らす。


備考
・奈良時代の四天王像は金光明経の四天王護国思想にのっとって造られ、その典型といえるもの。



東大寺ホームページ
http://www.todaiji.or.jp/index.html

仏像リンク
https://butsuzolink.com/todaiji2/#747362


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝052 1998年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン
スポンサーサイト



仏像学習 84.国宝仏像各論51 執金剛神立像(東大寺)

仏像
08 /10 2019
仏像学習 84.国宝仏像各論51 執金剛神立像(東大寺)


所在:東大寺 法華堂

指定:1951年

制作年:8世紀中頃

制作法:塑像、彩色

像高:170.4cm

像容
・顔面は忿怒を示す。増長天の忿怒表情と酷似する。

・頸部や前腕に隆起する筋肉や血管が表現されている。

・肉身部は赤銅色で、着衣には朱、緑青、群青で宝相華文が描かれている。



備考
・法華堂の本尊不空羂索観音像の背後に北面して、厨子内に安置される。

・最強の武器である金剛杵を執ることからその名がある。

・開山良弁の忌日である12月16日のみ開扉される秘仏として伝えられたため、彩色文様が残っている。



東大寺ホームページ
http://www.todaiji.or.jp/index.html

仏像リンク
https://butsuzolink.com/todaiji2/#747362


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝052 1998年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

仏像学習 83.国宝仏像各論50 梵天・帝釈天立像(東大寺)

仏像
08 /02 2019
仏像学習 83.国宝仏像各論50 梵天・帝釈天立像(東大寺)


所在:東大寺 法華堂

指定:1952年

制作年:8世紀中頃

制作法:脱活乾漆造り、彩色及び漆箔

像高:梵天 402.0cm   帝釈天 403.0cm


像容
梵天(左方 向かって右)
・頭上に髻を結う。

・裳、下衣、甲、大衣を着用

・左手に経巻を持つ。

帝釈天
・手の構えは梵天と逆。

・甲、大衣を着けず、寛衣をまとう。


備考
・法華堂本尊の不空羂索観音立像の左右に侍立する。

・通例帝釈天が武装形であり、服制より判断すると配置が逆になる。



東大寺ホームページ
http://www.todaiji.or.jp/index.html

仏像リンク
https://butsuzolink.com/todaiji2/#747362


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝052 1998年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

仏像学習 82.国宝仏像各論49 不空羂索観音立像(東大寺)

仏像
07 /25 2019
仏像学習 82.国宝仏像各論49 不空羂索観音立像(東大寺)


所在:東大寺 法華堂

指定:1952年

制作年:8世紀中頃

制作法:脱活乾漆造り、彩色及び漆箔

像高:362.0cm


像容
・三目八臂。

・頭部に宝玉を散りばめた銀製の宝冠をいただく。

・乾漆製の胸飾りと瓔珞で身を飾る。

・天衣は本体とは別に布と漆で造られ、両肩で密着したあと身体から離れ、下腹部で交差し、左右第三手手首から左右にふくらみながら台座上面に垂れる。

・光背は木製漆箔、透彫挙身光で、蓮弁を象った四重の光の輪をめぐらし、中心から大小48本の光のすじを放射する。


備考
・羂索は古代インドの狩猟具。羂索を投じて獲物を絡め捕るように、悩める衆生を洩れなく救済し誓願を空しくすることがない、というのが不空羂索観音の本誓。

・東大寺建立後、初代別当僧良弁の発願で造立。

・宝冠は、ツタンカーメンの宝冠、ルイ14世の宝冠とともに「世界三大宝冠」の1つともいわれる。




東大寺ホームページ
http://www.todaiji.or.jp/index.html

仏像リンク
https://butsuzolink.com/todaiji2/#747362


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝052 1998年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

仏像学習 81.国宝仏像各論48 誕生釈迦仏立像・灌仏盤(東大寺)

仏像
07 /17 2019
仏像学習 81.国宝仏像各論48 誕生釈迦仏立像・灌仏盤(東大寺)


所在:東大寺

指定:1952年

制作年:8世紀中頃

制作法:銅造 鍍金

像高:47.5cm   盤直径:89.2cm   盤高:15.2cm 


像容
・面相は丸顔。

・目は少し目尻が下がり、笑みをたたえる。

・鼻は小鼻の張りが強く大きく、鼻の下が水平に切られる。

・32相のうち七処隆満相(両手・両足・両肩・首筋に肉が柔軟で円満につく)、両腋下隆満相(両腋に肉がつき凹みがない)を示す。


灌仏盤
・口縁には飛雲、胴周りには獅子・霊獣・鳥・蝶などの動物、山岳や島、草花、鳥や霊獣に乗る人物などが線刻されている。



備考
・誕生仏は、釈迦が生まれてすぐ七歩歩いて右手で天、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊」と言ったというそのときの姿を表したもの。

・灌仏盤は誕生仏に注がれる香水(江戸時代頃から甘茶に変わった)の受け皿となるもの。




東大寺ホームページ
http://www.todaiji.or.jp/index.html

仏像リンク
https://butsuzolink.com/todaiji1/


参考書籍
週刊朝日百科 日本の国宝051 1998年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。