FC2ブログ

『夕陽妄語』を読むために 「国籍余聞」

加藤周一
08 /19 2019
「国籍余聞」 1993.6.21



・ル・ペン(Jean-Marie Le Pen 1928~):フランスの政治家。反EU、移民反対などを唱える右派政党国民戦線(現国民連合)の創始者で、初代党首。娘のマリーヌ・ル・ペンが第2代党首。

・コール:既出(「西遊記」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

・バラデュール(Édouard Balladur 1929~):フランスの政治家。1993年3月29日から1995年5月10日まで第2次コアビタシオンでフランソワ・ミッテラン大統領の下、首相を務めた。 1995年大統領選挙への立候補を表明するも、恩師シラクに対抗することに多くの有権者が反発したためシラク支持にまわり、その後シラクが再選された。

・フォン・ヴァイツゼッカー:既出(「「ユダヤ人の生活と文化」展」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-732.html

・ハーバーマス(Jürgen Habermas 1929~):ドイツの哲学者、社会学者。フランクフルト学派第二世代の代表的存在。公共性論やコミュニケーション論で知られる。アドルノらフランクフルト学派の批判理論の精神を軸に、後期ウィトゲンシュタインやオースティン、サールらの言語行為論、チョムスキーの生成文法、コールバーグらの発達心理学、パーソンズ,ルーマンらの社会システム論など現代の人文社会科学の成果を統合した包括的な社会哲学を展開。

・ビスマルク:既出(「崩れたベルリンの壁」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-500.html




参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン
スポンサーサイト



『夕陽妄語』を読むために 「映画『ペタン』の事」

加藤周一
08 /11 2019
「映画『ペタン』の事」 1993.5.31



・ペタン元帥:既出(「国の犯罪」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-764.html)

・ヴィシー政権 :既出(「国の犯罪」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-764.html)

・ラヴァール(Pierre Laval 1883〜1945):フランスの政治家。1927〜1935まで法相・外相・首相を歴任。フランスの降伏 (1940.6.22.) から 1940年 12月まで P.ペタン政権の副首相、42~44年ビシー政府「政府主席」 (首相) となり対独協力政策を遂行。1945年反逆罪の判決を受け銃殺。

・ジャン・マルブーフ:検索できませんでした。本文から映画監督と思われる。

・マルク・フェロー(Marc Ferro 1924〜):フランスの歴史家。ロシア・ソ連研究を専門とする。『アナール』誌の編集に携わる。

・ヒトラー:既出(「堀辰雄または亡命作家」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-422.html)

・汪兆銘(1883〜1944):中国の政治家。法政大学在学中に中国革命同盟会に加入。国民党結成後は同党左派の中心。日中戦争が始まると和平救国を唱えて、日本との提携を主張し、1940年南京政府を樹立、主席となるも事実上日本軍の傀儡政権でおわった。

・乃木(希典)(1849~1912):明治時代の軍人。陸軍大将。長州藩出身。西南戦争・日清戦争に出征。日露戦争では第三軍司令官として旅順を攻略。のち、学習院院長。明治天皇の死に際し、妻とともに殉死。

・ヴェルダン防衛:第一次世界大戦の西部戦線下、フランス共和国内のヴェルダンを舞台に繰り広げられたドイツ軍とフランス軍の戦い。第一次世界大戦における主要な戦いの一つ。

・旅順攻略:日露戦争において日本軍が行ったロシアの海軍基地旅順港の封鎖と要塞攻撃。港口に船を自沈させ露国艦隊を閉塞、バルチック艦隊到着前に要塞占領を急ぎ、乃木希典指揮の第3軍をもって短期奇襲を試みたが失敗。7ヵ月の苦戦のすえ二百三高地を占領し要塞砲による湾内艦隊への砲撃で、1905年1月1日陥落させた。

・ロベール・アロン(Robert Aron 1898〜 1975):フランスの思想家・著述家。政治や歴史に関する著作を遺した。アカデミー・フランセーズ会員。1932年、アルノー・ダンディユー、ダニエル・ロップスなどと雑誌「新秩序」を創刊する。




参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

『夕陽妄語』を読むために 「回春記」

加藤周一
08 /03 2019
「回春記」 1993.4.19


・ピランデッロ( Luigi Pirandello 1867〜1936 ):イタリアの劇作家、小説家。人間の疎外や現実の不確かさを、すべてを虚構とするグロテスクな逆説性のなかで鋭くとらえた。1934年ノーベル文学賞受賞。小説『故マッティア=パスカル氏』、戯曲『ヘンリー四世』など。

・偈:仏教用語。経典中で、詩句の形式をとり、教理や仏・菩薩をほめたたえた言葉。4字、5字または7字をもって1句とし、4句から成るものが多い。「頌(じゅ)」ともいう。

・雪舟:既出(「利休・二つの映画」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-488.html

・慧可断臂図:雪舟が描いた禅画。禅宗の初祖・達磨が少林寺において面壁座禅中、慧可という僧が彼に参禅を請うたが許されず、自ら左腕を切り落として決意のほどを示したところ、ようやく入門を許されたという禅機の一場面を表現している。雪舟作品中、山水画以外の唯一の国宝に指定されている作品。

・達磨:中国禅宗の祖とされる僧。インドのバラモンの出身と伝え、6世紀初め中国に渡り、各地で禅を教えた。菩提(ぼだい)達磨の略。嵩山(すうざん)の少林寺で面壁九年の座禅を行い、悟りを開いたと言われる。

・天童山:中国浙江省東部にある太白山中の一峰。300年に義興が中国五山の一つに数えられる天童寺を開創したと伝える。禅宗道場として名僧が集まった。栄西や道元もここで修行した。

・『十牛図』:中国宋代の禅宗の書。仏道入門から真の悟りに至るまでの過程を、牧者と牛に託して10の絵と短文で示したもの。

・花紅柳緑(かこうりゅうりょく):春の美しい景色の形容。色とりどりの華やかな装いの形容。また、 人手を加えていない自然のままの美しさのこと。柳緑花紅とも言う。

・一休宗純:既出(「ある自由人の死」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-362.html

・森女:室町時代、一休宗純の弟子。盲目の旅芸人であったが、40歳をすぎたころ一休に教えを請い、1471から一休のそばで仏弟子として生きた。一休晩年の恋人と言われている。

・『狂雲集』:既出(「ある自由人の死」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-362.html)




参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

『夕陽妄語』を読むために 「護憲の理由」

加藤周一
07 /26 2019
「護憲の理由」 1993.3.24


・湾岸戦争:既出(「戦いすんで・・・・・・」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-622.html

・第九条:日本国憲法の条文の一つ。戦争の放棄と戦力の不保持を定めた条項。2項からなり、「(1) 日本国民は,正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する。(2) 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」とうたっている。

・帝政ドイツ憲法:ドイツ帝国憲法、ビスマルク憲法。1871年公布。統一国家としてのドイツ連邦の最初の憲法で,プロシア優位の連邦制、広く強い権限をもつ連邦参議院、独特の帝制などがその特色。1867年にプロシアの首相ビスマルクが起草した北ドイツ連邦憲法を改正したもの。1919年ヴァイマル憲法に代わるまでその効力を保った。欽定憲法であり、日本の大日本帝国憲法にも影響を与えたとされる。

・十五年戦争:既出(「日米内外」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-519.html



参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

『夕陽妄語』を読むために 「「やらせ」について」

加藤周一
07 /18 2019
「「やらせ」について」 1993.2.17


・ネパール高原のNHK特別番組:『NHKスペシャル』で1992年年9月30日、同年10月1日放送の『奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン』のこと。

・『ハムレット』:シェークスピア作の四大悲劇の一つ。1600~01年執筆。デンマーク王である父を毒殺して王位と王妃ガートルードを奪った叔父クローディアスを、王子ハムレットが討つ物語。

・『戦争と平和』:ロシアの作家 L.トルストイの小説。 1863~69年発表。1805年のアウステルリッツの戦から1812年のモスクワ大火に至る、ロシアとナポレオン軍との戦争を背景とし、ボルコンスキー公爵家とロストフ伯爵家両家の家族年代記を通して19世紀初頭のロシアの社会と人民の姿を描いた歴史小説。

・ピラト(Pontios Pilatos 生没年不詳):ローマ領ユダヤの総督。在職26~36年。ユダヤ人を圧迫。イエス・キリストの裁判にあたってその無罪を認めながらも民衆の圧力に屈して十字架刑に処した。のち失脚、自殺したと伝えられる。

・「ヨハネ伝」:新約聖書4福音書の一つ。「始めに言葉ありき」の有名な句で始まる。他の福音書に比べて生命や愛 (神の愛、キリストの愛,、リスト教徒の愛) が一層強調されており、「愛の福音書」とも呼ばれている。




参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。