fc2ブログ

文学作品最初と最後の一文  谷崎潤一郎 39

最初と最後の一文
05 /17 2022
191.『懶惰の説』(1930年)
最初の一文:「懶惰と云ふことは、簡単に云へば「怠けること」である。」
最後の一文:「さう云ふ私自身が實はそんなに怠け者ではなく、先づわれわれの仲間うちでは勉強家の方であることは、友人諸氏が證明してくれるであらう。」


192.『戀愛及び色情』(1930年)
最初の一文:「もう餘程前に死んだ英國の滑稽作家にジェローム・ケー・ジェロームと云ふ人がある。」
最後の一文:「どんな美人でも素つ裸になる以上にムキ出しになることは出來ないのだから、裸體に對して皆が鈍感になつてしまへば、折角のイツトも結局人を挑発しないやうになるのであらう。」


193.『「つゆのあとさき」を讀む』(1931年)
最初の一文:「硯友社に依つて代表される明治中頃の文學の傳統は、その後引きつづいて起つた自然主義その他の主張に取つて代られて、今では殆どその名残を留めない。」
最後の一文:「比較的近代の産物である江戸情調のみが特にさう云ふ人たちに牽引力を及ぼすらしいのを私は不思議に思ふのである。」


194.『佐藤春夫に與へて過去半生を語る書』(1931年)
最初の一文:「佐藤君 僕は昔からセンチメンタリズムの嫌ひな人間だ、僕の書くものにはセンチメンタルな要素が乏しく、その點でしばしば君の批難を受けことがあつた。」
最後の一文:「新年早々こんな話を持ち越すでもないから、いづれ何かの機會に君と差し向ひでゆつくり此のあとを語り合はうではないか。」


195.『私の見た大阪及び大阪人』(1932年)
最初の一文:「銀座に道頓堀のカフェ街が出現して大阪式経営法で客を呼んだり、法善寺横丁の「鶴源」がその裏通りに開業すると云ふ時勢になつては、東京人が上方に對してケチな反感を抱いても追つ付かなくなつてしまつたが、明治の末年頃、少くとも私の青年時代には、あの何んとか云ふ上方見物の落語にあるやうな江戸つ兒のプライドが東京人の間に残つてゐた。」
最後の一文:「あまり天然に恵まれることも善し悪しである。」



参考書籍
『谷崎潤一郎全集』第20巻 中央公論社 1982年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ラ
スポンサーサイト



『夕陽妄語』を読むために 「国学の明暗」

加藤周一
05 /16 2022
「国学の明暗」  2000.1.19

・橘曙覧( たちばなのあけみ 1812〜1868 ):江戸末期の歌人・国学者。本居派の国学を学び、王政復古を希求。万葉調の気品ある歌を詠んで、良寛とともに幕末歌人の異彩とうたわれた。

・松平慶永( 1828〜1890 ):幕末の大名。越前福井藩主。ペリー来航後海防・攘夷を主張。通商条約調印に反対し、将軍継嗣問題で一橋派の中心として活動し、井伊直弼により謹慎させられた。のち政治総裁職として幕政改革、大政奉還にあたった。新政府の議定、内国事務総督、民部卿・大蔵卿を歴任。

・本居宣長:既出(「宣長・ハイデッガ・ワルトハイム」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-366.html)

・マニエリズム:ルネサンスからバロックへの移行期に興った、絵画を中心とする芸術様式。ルネサンスの調和性を人為的として排し,作者の主観による極端な技巧・誇張を特徴とする。代表的画家はエル=グレコ。

・平田篤胤:既出(「日本の19世紀」http://selfdevelopment578.blog.fc2.com/blog-entry-351.html)

・橋本左内( 1834~1859 ):幕末の志士。福井藩士。緒方洪庵・杉田成卿に蘭学・医学を学ぶ。1854年〜1855年江戸に遊学、藤田東湖・西郷隆盛らと交遊。藩主松平慶永に認められ藩政改革に尽力。将軍継嗣問題では一橋慶喜擁立に尽力。安政の大獄で斬罪に処される。



チェック内容
・「慶永はその後使者を立てて、曙覧の仕官をもとめた。曙覧は断る。「花めきてしばし見ゆるもすずな園田廬(たぶせのいほ)に咲けばなりけり」。藩主は固執せず、曙覧に答えて一首を贈った。「すずな園田ぶせの庵にさく花をしひてはをらじさもあらばあれ」今日の支配者たちのなかに、その見識の慶永に匹敵する者が果たして何人居るだろうか。また今日の学者詩人のなかに、金力に屈せざること曙覧の如き人物が何人居るだろうか。」



参考書籍
日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン
精選版 日本国語大辞典


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

仏像学習 164 仏像永劫回帰25. 日本仏像の歴史③

仏像
05 /15 2022
仏像学習 164 仏像永劫回帰25. 日本仏像の歴史③

平安時代
・一木造りの像が増える

・翻波式衣文が出現

・遣唐使廃止後、和様化が進む

・定朝が寄木造りを完成させる




参考文献
・『一個人特別編集 仏像入門 (BEST MOOK SERIES 72)』2010年
・『仏教美術入門』 佐和隆研 現代教養文庫



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキン

金子みすゞ私的鑑賞  112.樂隊

金子みすゞ
05 /14 2022
112. 樂隊  

とうからここですねてるに
誰(だあれ)もさがしてくれないの。

なぜだか知らない、すねてるに
誰(だあれ)も見つけてくれないの。

活動寫眞の樂隊の
とほくなるのを聽いてたら
なんだか泣きたくなつちやつた。


『金子みすゞ全集』I 美しい空 p91


3連7行
12 13。  13 13。  13 12 13。


前回の詩と同名タイトルです。

内容も前回の続きともとれます。

活動寫眞の樂隊がやってきて、観に行きたい気持ちが高まるものの、裁縫仕事を続ける無関心な母さんの様子から、当然観に行くことが出来なくて、すねて隠れては見たものの、誰も探しに来てもくれないことが活動寫眞を観ることができない残念さを倍増させてしまいます。

遠ざかる樂隊も寂しさに追い討ちをかけます。

こういう経験を経て、何事も自分の思い通りになるわけではないことを学んでいくことになるということでしょうか。


この「樂隊」以外に同名タイトルをもつ詩としては、「花火」「雲」「木」「帆」などがあります。



名詞:   ここ、 誰(2回)、 なぜ、 活動寫眞、 樂隊

形容詞:  とほい

動詞: すねる(2回)、 さがす、 知る、 見つける、 なる(2回)、 聽く、 泣く




通算登場回数  
今回登場    (ー)
 
今回登場なし  (お)空(夕ぞら、青空、夜ぞら、夕やけ空):30作目     (お)海(外海内海):23作目    母さん(お母さま、母さま、かあさん、かあさま):19作目    赤(赤い、あかい):16作目   青(青い):15作目    白(白い、しろい、眞白な):14作目     (お)舟・小舟・船・帆かけ舟:14作目  お月さん(お月さま、月):10作目    雲(雲間):10作目   (お)花:10作目   波:6作目     (お)星(さま):6作目    (お)魚(さかな):5作目(タイトルのみ1作)    黒い:5作目   (お)父さま(父さん):4作目    みどり(こみどり):4作目    雪:4作目   お祖母さま:3作目 石ころ(石):2作目 紅い:2作目 紺:2作目   藍いろ:1作目   金:1作目   さくら:1作目   



参考書籍
『新装版 金子みすゞ全集Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』 JULA出版局 1984年
『童謡詩人金子みすゞの生涯』 矢崎節夫 著 JULA出版局 1993年
『別冊太陽 生誕100年記念 金子みすゞ』 平凡社 2003年
『没後80年 金子みすゞ ~みんなちがって、みんないい。』 矢崎節夫 監修  JULA出版局 2010年
『金子みすゞ 魂の詩人』 増補新版 KAWADE夢ムック 文藝別冊 河出書房新社 2011年
『永遠の詩1 金子みすゞ』 矢崎説夫 選・鑑賞 小学館eBooks 2012年
『金子みすゞ作品鑑賞事典』 詩と詩論研究会編 勉誠出版 2014年



本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング

巡回健診診察マニュアル 116 お薬手帳でたまに見る薬(抗精神病薬②(MARTA))

医療
05 /13 2022
薬効分類名
抗精神病薬②(MARTA)


作用・特徴
多元受容体作用抗精神病薬(Multi-Acting Receptor-Targeted Antipsychotics)の略称
複数のドーパミン受容体(D2,D3,D4,D5)、セロトニン2受容体(5-HT2)、ムスカリン受容体、ヒスタミン1受容体(H1)、α1受容体など、多彩な標的受容体に作用し、統合失調症の陽性症状や陰性症状の改善作用を表す。


禁忌
クロザリルのみは多数あり、添付文書参照のこと
・昏睡状態
・中枢神経抑制薬の強い影響下
・重度の肝機能障害(Child-Pugh分類C)(シクレスト)
・糖尿病及び既往歴(ジプレキサ、セロクエル、ビプレッソ)


併用禁忌
・アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)


授乳婦
授乳中止(シクレスト、ジプレキサ)
有益性考慮(セロクエル、ビプレッソ)


商品名(一般名)/製造会社
1. シクレスト(アセナピンマレイン酸塩))/MeijiSeika
1回5mgを1日2回、以後漸増
添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179056F1021_1_07/


2.ジプレキサ(オランザピン)/リリー
統合失調症 開始1日1回5〜10mg、維持1日1回10mg
躁症状 1日1回10mgより開始
うつ症状 1日1回5mgより開始
ジェネリック
オランザピン
添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179044F1029_1_38/


3.セロクエル(クエチアピンフマル酸塩)/アステラス
1回25mgを1日2〜3回、以後漸増し1日150〜600mgを2〜3回に分服
ジェネリック
クエチアピン
添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179042C1023_2_23/


4.ビプレッソ(クエチアピンフマル酸塩)/アステラス=共和薬品
1日1回50mgより投与を開始し、2日以上の間隔をあけて1回150mgへ増量。その後、さらに2日以上の間隔をあけて、推奨用量である1回300mgに増量
添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179042G1025_1_10/


5.クロザリル(クロザピン)/ノルバティス
初日は12.5mg(25mg錠の半分)、2日目は25mgを1日1回経口投与する。3日目以降は症状に応じて1日25mgずつ増量し、原則3週間かけて1日200mgまで増量するが、1日量が50mgを超える場合には2~3回に分けて経口投与。維持量は1日200~400mgを2~3回に分けて経口投与。ただし、1回の増量は4日以上の間隔をあけ、増量幅としては1日100mgを超えないこととし、最高用量は1日600mg
添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179049F1021_1_20/




参考書籍
治療薬ハンドブック2020 じほう


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ラン

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。