FC2ブログ

漱石・読んだふり 『坊っちゃん』 三

漱石
05 /28 2020
漱石・読んだふり 『坊っちゃん』 三


登場人物(登場順)
・坊っちゃん

・山嵐

・宿の亭主

・学校の生徒



ストーリー
・教師の仕事が始まる

・2時間目に生徒から「あまり早くて分からんけれ、もちっと、ゆるゆる遣って、おくれんかな、もし」と言われる
 
・2時間目が終わった時、生徒ができそうもない幾何の問題を質問してきたので、「何だかわからない、この次教えてやる」と返事をしたら、生徒がわあと囃す

・1日目の仕事が終わり帰る際、山嵐に3時まで拘束されることに不満を言うと、「君あまり学校の不平を云うと、いかんぜ。云うなら僕だけに話せ、随分妙な人も居るからな」と言われる

・下宿に帰ると、宿の亭主から書画骨董の勧誘をされ、断る

・一週間規則通り働く

・宿の亭主の骨董(印材、華山の掛物、端渓)勧誘が続く

・ある日の晩、蕎麦屋で天麩羅蕎麦を四杯食べる。蕎麦屋には学校の生徒が三人いた。

・翌日教室にいくごとに、天麩羅蕎麦を冷やかす内容が黒板に書いてある

・四日後、団子屋で団子を食べる

・翌日、黒板に「団子ニ皿七銭」と書いてある

・毎日温泉に持っていく「赤手拭」が生徒の評判になる

・毎日上等の温泉に入るのは贅沢だと生徒に言われる

・黒板に「湯の中で泳ぐべからず」と書いてある

・骨董責が続く



歴史的人物・事柄
・「華山には二人ある、一人は何とか華山で、一人は何とか華山ですが、この幅はその何とか華山の方だ」



語句・表現
・天目:茶の湯で使う、すり鉢形の抹茶茶碗。元は茶葉の産地だった天目山一帯の寺院で用いられた鉄釉をかけて焼かれた陶器茶碗のこと。



読みづらい漢字
・篦棒(べらぼう)

・捏(こ)ねる




重要と思われる文
・「おれは何事によらず長く心配しようと思っても心配が出来ない男だ。」

・「ほかの所は何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉だけは立派なものだ。」



参考図書
『漱石全集』第三巻 岩波書店 1978年
『漱石大全』Kindle版 第3版 古典教養文庫
『カラー版新国語便覧』 第一学習者 1990年
『漱石とその時代』1~3 江藤淳 著 新潮選書
『決定版 夏目漱石』 江藤淳 著 新潮文庫
『夏目漱石を読む』 吉本隆明 著 ちくま文庫
『特講 漱石の美術世界』 古田亮 著 岩波現代全書


日本大百科全書 小学館
世界大百科事典 平凡社
デジタル大辞泉 小学館
ブリタニカ国際大百科事典 ブリタニカ・ジャパン


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ランキング
スポンサーサイト



復習「アタック25」 2020.3.22

アタック25
05 /27 2020
2020.3.22  50代大会

Q1.生誕100年を記念して、東京の桜新町に記念館がオープンする予定の漫画家

Q2.タケノコの先端の内側にある薄柔らかい皮の名前

Q3.今年年寄「東関」を襲名した元力士の現役時代の四股名

Q4.「犬」「猫」「牛」のなかで日本の市の名前に使われていない漢字

Q5.新興企業向け株式市場「アンビシャス」を開設している証券所

Q6.安藤忠雄が国立美術館の改修・増築のデザインコンセプトを作成する予定の、タシュケントを首都とする国

Q7.武田信玄が徳川・織田の連合軍を破った戦い

Q8.ドイツのクレメンスヴィンクラーが発見した元素記号Geの元素

Q9.税理士バッジにデザインされている花

Q10. 今年没後90年の明治時代の自然主義派の作家

Q11.1日の秒数

Q12.ドナウ川が注ぐ海

Q13.映画「ジョーズ」「ET」などでアカデミー賞作曲賞を受賞した作曲家

Q14.ショウズクとよばれるショウガ科の植物の種子を使ったスパイス

Q15.サッカー・ホッケー・バレーボールのなかでオリンピックでのメダル獲得が最も早い競技

Q16.世界気象機関のアルファベット3文字での略称

Q17.最高裁判所裁判官の定年の年齢




A1.長谷川町子

A2.姫皮

A3.高見盛

A4.猫

A5.札幌証券取引所

A6.ウズベキスタン

A7.三方ヶ原の戦い

A8.ゲルマニウム

A9.桜

A10.田山花袋

A11.8万6400秒

A12.黒海

A13.ジョン・ウイリアムズ

A14.カルダモン

A15.ホッケー

A16.WMO

A17.70歳




本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング

下の句50音順にたどる百人一首 No91 よに

百人一首
05 /26 2020
No.91(No62)
下の句
よに・あふさかのせきはゆるさじ
(よに逢坂の 関はゆるさじ)

上の句
よを・こめてとりのそらねははかるとも
(夜をこめて 鳥の空音は はかるとも)


意味
夜の明けないうちに鶏の鳴きまねをして函谷関を通れたとしても、あなたのうそでは逢坂の関は通しませんよ。


出典
『後拾遺集』巻16雑2・939
「大納言行成物語などし侍りけるに内の御物忌にこもればとて、いそぎ帰りてつとめて、鶏のこゑにもよほされてといひをこせて侍りければ、夜ふかかりける鶏のこゑは函谷関のことにやといひつかはしたりけるを、立ちかへりこれは逢坂の関に侍るとあれば、よみ侍りける」


作者
清少納言
生没年不詳 平安中期の歌人。
清原元輔の娘。
一条天皇の后中宮定子に出仕し、『枕草子』を著す。


備考
・「夜をこめて」は「まだ夜が明けないうちに」の意。

・「とり」は「鶏」のこと。

・「空音」は「鳴きまね」の意。

・原形は「鳥の空音に」となっている。

・「はかる」は「だます、いつわる」の意。

・三句までは『史記』孟嘗君の故事をふまえる。孟嘗君が秦に捕らえられ、脱出しようとして函谷関に来た時、食客の鶏の鳴きまねで門を開けさせ無事逃れることができた。

・「よに」は「決して、絶対に」の意。

・この歌に対して行成は「逢坂は人越えやすき関なれば鳥鳴かぬにもあけて待つとか」と返している。



参考書籍
『百人一首一夕話 上・下』 尾崎雅嘉著 岩波文庫
『ビジュアル版 日本の古典に親しむ② 百人一首』 大岡信著 世界文化社
『別冊太陽 百人一首への招待』 吉海直人監修 平凡社
『解説 百人一首』 橋本武著 ちくま学芸文庫
『改訂増補 古文解釈のため国文法入門』 松尾聰 著 2019年


本日もご訪問いただきありがとうございました。


備忘録・雑記ランキング

対訳『古事記伝』 16

本居宣長
05 /25 2020
76. 次に「故曰(カレイハク)開闢之時(アメツチノハジメノトキ)、洲壤浮漂(クニツチタダヨヒテ)、譬猶游魚之浮水上也(ウヲノミヅニウカベルガゴトクナリキ)云々」とある、

訳:次に「言い伝えによると、天地が初めて出来上がった時、国の土台となる大地は浮遊して、まるで魚が水の上に浮かんでいるような状態であった云々」と記述されている。


77.是ぞ實(マコト)の上ツ代の傳説(ツタヘゴト)には有ける、

訳:この部分こそ真に上代の言い伝えの内容である。


78.「故曰」とあるにて、それより上は、新たに加へられたる、潤色(カザリ)の文なること知られたり、

訳:「故曰(カレイハク)」とあることから、それより前の部分は、新たに加えられた、作為のある文であることが見てとれる。


79.若シ然らずは、此ノ二字は何の意ぞや、

訳:もしそうでなければ、この「故曰」の二字はどういう意味で書かれたというのだろうか。


80.初(ハジメ)の説は、其ノ趣すべてこざかしく、疑もなき漢意にして、さらにさらに皇国の上ツ代の意に非ず、

訳:この部分の前の言説は、その趣がすべて小賢しく、疑いもなく中国的趣向であって、我が国の上代のことを表すものではない。



参考書籍
『本居宣長全集』第九巻 筑摩書房 1966年
『古事記注釈 第一巻』 西郷信綱 著 ちくま学芸文庫 2005年
『本居宣長『古事記伝』を読む』Ⅰ~Ⅳ 2010年
『新版古事記』 中村啓信 訳注 KADOKAWA 2014年
『改訂増補 古文解釈のため国文法入門』 松尾聰 著 2019年


参考サイト
雲の筏:http://kumoi1.web.fc2.com/CCP052.html

本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ラ

文学作品最初と最後の一文 芥川龍之介 16

最初と最後の一文
05 /24 2020
76.『奇遇』(1921年3月)
最初の一文:「編輯者 支那へ旅行するさうですね。」
最後の一文:「編輯者 さやうなら、御機嫌好う。」


77.『往生絵巻』(1921年3月)
最初の一文:「童 やあ、あそこへ妙な法師が来た。」
最後の一文:「南無阿弥陀仏。」


78.『母』(1921年8月)
最初の一文:「部屋の隅に据ゑた姿見には、西洋風に壁を塗つた、しかも日本風の畳がある、―上海特有の旅館の二階が、一部分はつきり映つてゐる。」
最後の一文:「何か人力に及ばないものが、厳然と前へでも塞がつたやうに。」


79.『好色』(1921年9月)
最初の一文:「泰平の時代にふさはしい、優美なきらめき烏帽子の下には、下ぶくれの顔がこちらを見てゐる。」
最後の一文:「その半死の瞳の中には、紫摩金(しまごん)の円光にとりまかれた儘、展然と彼にほほ笑みかけた侍従の姿を浮べながら。………」


80.『藪の中』(1921年12月)
最初の一文:「さやうでございます。」
最後の一文:「おれはそれぎり永久に、中有の闇へ沈んでしまつた。………」



参考書籍
『芥川龍之介全集』第2巻  筑摩全集類聚 筑摩書房 1971年


本日もご訪問いただきありがとうございました。



備忘録・雑記ラ

Radiology2003

本日もご訪問いただきありがとうございます。
日々の生活の中で感じたこと・調べたことを備忘録として残しています。